【大学生/就活生必見!!】就職する前に知っておくべき3つのこと!!

今回は、大学生と就活生向けです。就職する前に知っておくべきこと3つ紹介していきます。

筆者は大学院に進み大学院生だったときに、就職活動をして、世間からは大企業と呼ばれる会社に就職しました。

これらの経験を基に就職する前に、知っておくべき3つのことを紹介します。

1つ目:会社に自分のやりたいことは用意されていない。

これは働いている人からみると、当たり前のことなのですが意外と大学生や就活生からしてみると、盲点だったりします。

説明会や面接を重ねていくうちに、自分にとってやりたい仕事を見つけられる(もしくはこれは自分に合っているのではないかとあたりをつける)ことができたらベストです。

しかし、実際に働いてみるとそれが、やりたい仕事であることは少ないケースが多いです。(就職する前と後のギャップはなるべく少ない方が長く続けるには良いです。)

というより、そもそも自分がやりたいと思っている仕事は会社には実は用意されていないのです。

もしほんとうに社内でやりたい仕事があったら、自分からそれにチャレンジしなければなりません。(会社の内部に長くいると次第にそういったモチベーションもなぜか少しずつ下がっていくことが多いです。)主に下記の3つ目にあげる環境面がそうさせます。

そのため、自分のやりたい仕事や好きな仕事を生業(なりわい)にしている人は、たいていの場合自分(独立)で仕事を獲得(何かをつくる。または、媒体をつかって流れに乗る。)していることが多いです。

終身雇用の時代は終わってしまった。

以前は、良い大学を出て会社で働いて、一生を終えるというモデルが成り立っていた時代がありました。

けれども、今の時代はそうではありません。

終身雇用と年功序列で賃上げがあがっていた時代は終わってしまいました。

2つ目:会社に入る前に、働く上で使う資格を取っておくと良い。

社会人1年目は、新しいことばかりで覚えることが多いです。

仕事の内容次第では、覚える量もそれなりにあります。

社会人1年目だと勉強に使う時間を業務時間後に確保することが難しいことが予想されます。

そのため、事前に会社からこの資格を取っておいた方がよいと提示されているものや、業務上使う資格がもしあるならば、大学生のうちに取っておくことを、強くおすすめします。

3つ目:サラリー(給料)をもらう雇用形態の環境

3つ目は、社会人1年目は、何事にも全力投球のような状態が続きますが、次第にどこで仕事を抜けばいいかが分かってきます。

先輩たちも、みな通ってきた道です。

すると、次第に最初は、「みんななんだか守備表示(守りに入ってるなぁ)」という印象だったものがそうした環境下にいると、だんだんと慣れていき、自分も働いている人たちと同じような感じになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です