相鉄線が拡張して都心に繋がってどうなの!?【利用者としての目線3選!!】

相鉄線が都心に直通に

相鉄線が悲願と言われていた都心に直通でつながることになりました。

利用者としてはかなり嬉しいニュースです。

では実際になにが変わったのでしょうか。

時刻表が変更に

まず一つ目に時刻表が変更になりました。都心に繋がることでダイヤが変わりましたね。

僕が使う電車も出発時刻が変更されていました。利用者としては気をつけたいところです。

女性専用車が8両目に変更

いままで、女性専用車両といえば4両目でしたが、8両目に変更となりました。これは男性側の僕としてはありがたいです。

どうしても4両目が女性専用車両ですと、付随して3両目と5両目も混んでしまいますので、8両目にすることで、8両編成のときは付随して混むのは7両目だけになりますしね。

終点の位置が変わる

一番影響が大きいのがここになると思います。

なんと相鉄線から川越まで行くことができることになったのが大きいですよね。なので、海老名から川越までを繋ぐことになり電車としてもかなり利用度は上がったのではないでしょうか。

とはいえ、僕はこの沿線がつながっていくことにはそんなには魅力は感じない方なのですが、資本主義のルールの上ではやはり、路線を拡張していくことは鉄道会社では大きなムーヴメントになっているのは明らかですよね。

どうしても終点が伸びていくのはなんとなく少しだけ抵抗感があります。

渋谷駅がまだ地上にあったときに、渋谷で飲んだ後の夜あのプラットフォームから見るお月さまはきれいだったなぁと今でも思い出します。

これからの課題

相鉄線もこれから課題があると思います。相鉄線は私鉄のなかでは、かなり利益率のいい会社として知られていますが、これからホームドアの設置など投資費用がかかってくると思います。

また沿線が伸びることで人身事故等が起きた際には対応に追われることもあると思います。

もともと台風や雨や地震などの災害にめっぽう強かったタフな相鉄線でしたが、沿線が伸びたことでこれから影響がでてくることでしょう。

これからの課題にも注目していきたいです。

ひとまず、ここまでにしておきます。

最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です