【KKポーカー】おいしい大会の見つけ方

ポーカーをやり始めてからおよそ1カ月が経過しましたが、主にFREEROLLのトーナメントに幾つか参加した結果、おいしいトーナメントを見つけることの重要性に少なからず気づかされました。

ここでは、KKポーカーのおいしい大会の見つけ方について解説したいと思います。

ミーコ(6)

おいしい大会とそうではない大会とがあるのね

KKポーカー/おいしい大会の見つけ方

おししいチキンの画像

前提

おいしい大会の見つけ方についてですが、基本的にはハウスゲームのようなコミュニティで開催されている大会が多いです。

僕がKKポーカーでお世話になっているのが、有名ポーカープレイヤーのひゃっほうさんが主催してくれるひゃっほう杯や暇人戦が多いです。

ひゃっほうさんのTwitterをフォローしていただけると、大会の詳細やクラブのIDが分かります。

レイトレジスト(参加締め切り)ぎりぎりに参加する

賛否両論あると思いますが、もし参加人数がすくないような大会でしたら、レイトレジストぎりぎりの参加もありだと思います。

下記にみていく暇人戦は、たまたま前に参加していた大会で飛んだあと、レイトレジストギリギリに参加させていただいたら、その5分後くらいにはインマネしていました。

ただ、FREEROLLの大会でポーカーの技術の向上が目的ならば、別段レイトレジストぎりぎりで参加するのではなく、はじめからしっかりとプレイするのが良いでしょう(筆者も普段ははじめから参加しています)。

暇人戦:16位/79人中

暇人戦のインマネの画像

こちらが、インマネできた暇人戦になります。

上述した通りレイトレジストぎりぎりでの参加した際には、人数が27名程度で20人からインマネだったので、少しハンドを絞りインマネまで耐えるような形で無事にバブル段階(入賞の一歩手前の段階)を乗り切ってひとまずインマネできました。

それよりも(そんなことよりも)この暇人戦ではじめてひゃっほうさんと同卓しました。(*‘ω‘ *)(笑)

ひゃっほうと同卓の画像

嬉しかったのでパシャリ(笑)

左隣にひゃっほうさんが座っています。スマートフォン越しに背筋が少し伸びました。(笑)

ただ、同卓してすぐのこの1ハンドで僕は飛びました。(笑)対面の相手に[AKo]でALL INにCALLしてあえなく撃沈しました。

(筆者の画像のアイコンは読み込みのバグかで黒くなってしまっています)

普段の大会の入賞までの道のり

KKポーカーの公式の大会のFREEROLLでは参加者が2437人いることがわかります。

インマネ:20位まで/2437人中

なおこの大会のインマネは20位までとなかなか狭き門になっています。

インマネする確率(単純計算)
  • 普通の大会:20/2437(およそ0.8%)
  • 暇人戦:20/79(およそ25%)

このことからおよそ30倍(25÷0.8=31.25)暇人戦の方が入賞しやすいことが分かります。

こういった、おいしい大会を見つけることと。目的に合わせた大会を選んで参加していきたいと思います。

最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です